【ブルフラット】ロスト激減!?開封後の少しだけ加工!!

こんばんは、貧乏バサーことkfcmichi です。今回ブルフラットを補充できたので、準備について書いてみたいと思います。

※リグに関しては色々な釣りウマな方が書いていますので省きますね。^^;

 

開封後の加工

自分は針持ちを良くするためにフィックスルアーを使って補強をします。

 

矢印の部分に肉盛り。フックアイの1番負荷がかかる場所とフックポイントが出る部分です。 ※写真はブルフラット4.8にDAS5/0

特にセットした際にフックアイが来る部分の効果は抜群です。フッキング後もここが補強されているので裂けてぶっ飛ぶ可能性が下がります。

フックポイントが出る部分、フックポイントを隠す部分は数匹釣ると裂ける事がほとんどですので、釣行後の補修は欠かせません。

 

先日購入したドライブビーバーもアイの部分だけ補強。写真だとわかりづらいですね。^^;

 

ジグトレーラーでも補強は大事

3.8インチはジグのトレーラーにする事もしばしば。

 

この場合もフックが出る部分には必ず補強を行います。ワームの先端も先述の通り全て補強をしていますので強固になります。

更に

 

トレーラーロックを使用します。笑

どんだけワーム大切やねん!!と自分でも思いますが、なかなか手に入らないワームですので大切に使うようにしていますよー。(´∀`*)

 

ジグのフックに刺して、

 

ワーム本体にロックするだけ。押し込むと勝手に刺さる仕組み。

これでワームがぶっ飛んでいく事が防げるんですねー。

 

こんな感じです。 

 

オススメジグ

最近はダイワのカバージグSSを使っています。

 

サクサスフックで貫通性も高く、ヘッドのすり抜けもいい。更に価格が安いのでオススメです。 450円。

 

 

 

なんかの工場みたいですね。 

 

 

ボコボコのブルフラット。この一連の作業で数本釣っても手元に残っています。何回補修したことか、、、もちろんそんな作業しなくてもいいって方もいると思いますが、僕なりの工夫とルアーを触るという楽しみで行っていますので悪しからず。 

今日はこの辺で。

 

 

※昼寝から起きてブルフラットを見つけるやいなや、興奮して両手持ちする息子。(;´д`)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中